「沖縄」でのネットワークビジネス成功法の仕組みと口コミとは?



インターネット集客の時代です。
4702331073307b4d9c6dedccaeaef706-crop.jpg





お気軽にクリックして「無料メールレッスン」受けてみてください。
【必見】必要なのは話し上手ではなく仕組みです。パジャマ姿でできる安心集客法とは?





何故、女性は元気がいいのでしょうか?

ファミレスでの昼食時や3時過ぎの光景を見たことがありますか?
女性客がごった返しています。


その会話の賑やかなこと。
そして楽しそうなこと。
さらに長いこと。

彼女たちにとってはまさに「情報交換の場」です。

気に入ったもの、気に入った催し、気に入ったサービス等は、「情報交換の場」で彼女たちの口コミであっという間に広がるのです。

ネットワークビジネスは、女性のもつ特質を上手く掴んでいます。
「井戸端会議」で商品がどんどん流通してくれるのですから、これ程強いものはないのです。


ネットワークビジネスは、女性が輝いて大活躍でき成功できる場のようです。



11.jpg



ネットワークビジネスで成功したければ、「沖縄を攻めよ!」「沖縄の人を勧誘しよう!」の言葉があるとか。
多くのネットワークビジネスのリーダーが、沖縄に上陸して市場の取り合いをしているようです。



月刊ネットワークビジネスweb上でもこんなに沖縄の情報が~

● 2006年 グリオが沖縄県豊見城市の瀬長球場で全国のメンバー1,030人を集めての、チャリティーイベントとなる野球大会の開催

● 2006年 ニューウエイズが国内5番目のショールーム「ニューウエイズ スクエア琉球」を沖縄県浦添市にオープン

● 2007年 ウェルウェイレクシオン事業部が1月、同社初のサロン「レクシオステーション」を沖縄に開設

● 2007年 エナジックが沖縄産の秋ウコンをティーバックに詰めた「還元ウコン茶」を発売

● 2007年 チャリティーマインドは沖縄の宮古島の農園で育成したアロエベラを使用した「アロエベラジュース」を商材にしたネットワークビジネスを展開

● 2008年1月 スターライズが沖縄県浦添市内に2拠点目となる直営サロン「沖縄ギャラリー」をオープン

● 2012年3月 マナテックジャパンがキックオフミーティングを沖縄を含む10会場で開催。
 
何故?沖縄ではネットワークビジネスが盛んなんでしょうか?


沖縄では「モアイ」と言う信頼関係のある友達同士が共同出資して、メンバーの誰かが用立てて欲しい時に順番に用立てる仕組みや、「ゆいまーる」と言って助け合いの精神が浸透してる土地柄で、ネットワークビジネスが浸透しやすい土壌があるようです。


また、沖縄県民の県民性が情に厚く横の繋がりが強いことからネットワークビジネスが広がりやすいそうです。
沖縄って風土も人柄も
最高なんですね。









今のままで「今」を変えてみませんか。
yjimage20-crop-crop.jpg




誰でもが、もっともっと胸を張って堂々と楽しく取り組めるネットワークビジネスにしたいですね。

ネットワークビジネスの製品は評判も良く愛用者も多く、サラリーマンや主婦の副業には最適なにの、なぜ敬遠してしまうんでしょう?

ZL7Cup3beyiYz9L1414352796.jpg


誤解や偏見もなく、堂々と胸を張ってネットワークビジネス(MLM)をみんなで楽しむ方法はないのでしょうか?

th.jpg㉑.jpg


あるんです。

全然興味・関心のない知人友人への無理&強引な勧誘から、
インターネットによっての興味・関心のある人だけに来ていただけばいいんです。

インターネットは一日24時間~365日文句ひとつ言わないで
私たちの代わりに集客してくれるんです。

「朝起きたらダウンさんができていたら・・」

「会社に行って仕事をしてる間にダウンさんが勝手にできていたら・・」

先ずは自分の目で確認をしてみてください。
 ↓  ↓  ↓ 【必見】これを見てからビジネスを始めることを勧めます!【必見】50~60歳代のあなた! 老後の不安を解消する耳より情報です!

O4p4iXAGTIYknIY1466149028.png">


この記事へのコメント