「デジタルねずみ講」の違法性・危険性を理解しての成功方法の仕組みと評判とは?



インターネット集客の時代です。
apple-1851464_642-crop.jpg





お気軽にクリックして「無料メールレッスン」受けてみてください。
【必見】待ち焦がれた簡単集客法。これなら初心者でもできる簡単ダウン構築法とは?






yjimage15.jpg



月刊ネットワークビジネス誌にも紹介されていますが、仮想通貨への投資を呼びかけるねずみ講が日本で急速に広まっているようです。

法定書面の交付もなく、SNSを通じて簡単に登録・紹介できてしまうために、「楽して儲けたい・・」と考える人の心をつかんで増殖を続けているようです。


一度そのような「デジタルねずみ講」に手を染めたら、二度とネットワークビジネスには戻ってこれなることが予想され、デジタルねずみ講の違法性・危険性を理解して 、絶対に手を出さないことが必要のようです。




最近の仮想通貨のニュースから・・





e14a8_88_448465a40232fb643c79e33f858abf54.jpg



仮想通貨の大手取引所、「コインチェック」から巨額の仮想通貨が流出した問題で、会社は被害を受けた顧客への補償だけでなく、顧客から預かっている日本円の出金を再開する時期についても依然、めどが立っていないことを明らかにしました。



大手取引所の「コインチェック」では先月26日、外部からの不正なアクセスで580億円相当のNEMと呼ばれる仮想通貨が流出し、会社は、日本円を含むすべての出金やNEM以外の大半の仮想通貨の売買を停止して原因の究明などを進めています。


これについて、会社は3日コメントを発表し、被害を受けた顧客への補償だけでなく、顧客から預かっている日本円の出金を再開する時期についても、依然、めどが立っていないことを明らかにしました。これについて、会社側は技術的な安全性などの検証を行っているためだと説明しています。


会社は、顧客から預かっている日本円は金融機関の顧客専用口座に保全し、仮想通貨は外部のネットワークから遮断するなどして保管しているとしていますが、仮想通貨の売買についても再開のめどは立っていません。会社は「ご迷惑をおかけします」とコメントしています。




■ 「仮想通貨」に関する相談件数(平成29年4月11日現在)

 2014年       ⇒ 194件

 2015年       ⇒ 440件

 2016年       ⇒ 806件


国民生活センターのPIO-NET(全国消費生活情報ネットワークシステム:消費生活に関する相談情報を蓄積しているデータベースのこと。)に寄せられた「仮想通貨」に関する相談件数は増加の一途で、16年度は14年度に比べると4倍超に増加しているようです。

国民生活センターでは、仮想通貨の購入トラブルが増加している点について、消費者に注意喚起を行ったようです。


相談事例としては、知人から「必ず値上がりする・・」と言われ、売却利益目的で仮想通貨を購入したが、儲かるどころか、支払ったお金も戻ってこない・・・ということ。

中には、「6000万円もの仮想通貨を購入してしまった・・」との相談も寄せられたようです。






今のままで「今」を変えてみませんか。
yjimage20-crop-crop.jpg




誰でもが、もっともっと胸を張って堂々と楽しく取り組めるネットワークビジネスにしたいですね。

ネットワークビジネスの製品は評判も良く愛用者も多く、サラリーマンや主婦の副業には最適なにの、なぜ敬遠してしまうんでしょう?

ZL7Cup3beyiYz9L1414352796.jpg


誤解や偏見もなく、堂々と胸を張ってネットワークビジネス(MLM)をみんなで楽しむ方法はないのでしょうか?

th.jpg㉑.jpg


あるんです。

全然興味・関心のない知人友人への無理&強引な勧誘から、
インターネットによっての興味・関心のある人だけに来ていただけばいいんです。

インターネットは一日24時間~365日文句ひとつ言わないで
私たちの代わりに集客してくれるんです。

「朝起きたらダウンさんができていたら・・」

「会社に行って仕事をしてる間にダウンさんが勝手にできていたら・・」

先ずは自分の目で確認をしてみてください。
 ↓  ↓  ↓ 【必見】これを見てからビジネスを始めることを勧めます!【必見】50~60歳代のあなた! 老後の不安を解消する耳より情報です!

O4p4iXAGTIYknIY1466149028.png">

この記事へのコメント