禁止行為を肝に銘じて「誠意ある勧誘」を心がけての成功方法の仕組みと評判とは?



インターネット集客の時代です。
4702331073307b4d9c6dedccaeaef706-crop.jpg





お気軽にクリックして「無料メールレッスン」受けてみてください。
【必見】必要なのは話し上手ではなく仕組みです。パジャマ姿でできる安心集客法とは?





yjimage75.jpg


月刊ネットワークビジネス誌にも紹介されていますが、ネットワークビジネスの商材には物品の他に権利や薬務(サービス)があるそうです。

しかし、権利を販売する企業の中にはネットワークビジネスとは似て非なる悪質企業もあるようで、ネットワークビジネスとねずみ講の定義や怪しいビジネスの見分け方を理解する必要があるようです。


● 事前に勧誘目的を告げない不意打ち勧誘はNG!

しかし、たとえ健全なネットワークビジネスの主宰企業であっても、勧誘者の行為によって特商法に違反することのようです。


先ずは・・

① 名称・勧誘行為の不明示。

特商法第33条の2では、勧誘に際し次の4つを明らかにすることを義務付けているようです。

○ 勧誘者の氏名

○ 主宰企業の名称

○ 特定負担を伴う取引の締結について勧誘する目的であること

○ 扱っている製品や役務の種類

要するに、「不意打ち的な勧誘は禁止!!」とことで、勧誘目的を隠して誘い出しては禁止行為になるようです。


● ネットワークビジネスは早い者勝ちではない。

②の不実告知とは・・
「不実」とは「嘘」を指し、たとえば「旅行するだけでお金がもらえる・・」「高額な年収が得られる・・」「簡単に紹介できる・・」など
まるで楽して儲かるかのようなトークは嘘の行為で違反のようです。

また、「会員数に上限があるから、早く登録したほうがいい・・」などと謳うトークも不実で、通常のネットワークビジネスには、会員数の上限はなく早い者勝ちということがないのは当然のことのようです。





今のままで「今」を変えてみませんか。
PAK85_MBAdesagyou20140312-thumb-815xauto-17014-crop.jpg




誰でもが、もっともっと胸を張って堂々と楽しく取り組めるネットワークビジネスにしたいですね。

ネットワークビジネスの製品は評判も良く愛用者も多く、サラリーマンや主婦の副業には最適なにの、なぜ敬遠してしまうんでしょう?

ZL7Cup3beyiYz9L1414352796.jpg


誤解や偏見もなく、堂々と胸を張ってネットワークビジネス(MLM)をみんなで楽しむ方法はないのでしょうか?

th.jpg㉑.jpg


あるんです。

全然興味・関心のない知人友人への無理&強引な勧誘から、
インターネットによっての興味・関心のある人だけに来ていただけばいいんです。

インターネットは一日24時間~365日文句ひとつ言わないで
私たちの代わりに集客してくれるんです。

「朝起きたらダウンさんができていたら・・」

「会社に行って仕事をしてる間にダウンさんが勝手にできていたら・・」

先ずは自分の目で確認をしてみてください。
 ↓  ↓  ↓ 【必見】これを見てからビジネスを始めることを勧めます!【必見】ライバルに一歩差をつけた集客法。ライバルが追い付けない集客術とは?

O4p4iXAGTIYknIY1466149028.png">











この記事へのコメント