ネットワークビジネスでは~消費者が販売者になって商品を伝え愛用者を増やすことができる仕組みです。


rights-earnings-01-crop.jpg









146060-1024x619.jpg




ネットワークビジネスってなんですか?




ネットワークビジネスとは、「特定商取引に関する法律」の中の「連鎖販売取引」に該当する、商品・サービスの販売方式です。


ネットワークビジネスとは、商品を購入し~ネットワークビジネス主宰会社と所定の契約を結ぶことにより、その商品をさらに他の人に伝える権利を獲得するシステムですが、必ずしも商品購入者がビジネス活動をするとは限りません。



ネットワークビジネスでは、商品の単なるユーザー=消費者として留まる事は可能だし、単なる愛用者はネットワークビジネスでは比較的大きなウエイトを占めています。


ネットワークビジネス主宰会社により異なりますが、会員比率比率からすれば、2対8位の割合で単なる愛用者の方が多くなってそうです。



ネットワークビジネス企業では、アムウエイ社のように「買うだけクラブ」というものを設けている会社もあります。

これは、ビジネスをする権利はないが~自己消費分をビジネス会員と同じく3割引きで購入することが出来ると言う愛用者会員のネットワークだそうです。



ネットワークビジネス会社では、ビジネス会員として参加する人と愛用者とを、入口から明確に分ける試みもなされているようです。


一般的にはネットワークビジネスは、一般愛用者と並行してビジネス会員をリクルートするビジネスであると理解され、販売網を構築することによって~グループ全体からマージン
が発生する仕組みになっています。




1-A-YSK156.jpg




何故、ネットワークビジネスを行う企業が順調に業績を伸ばしたのでしょか。



まず第一にネットワークビジネスは、消費者教育という面で優れています。


一般の小売で販売されている商品の場合、店員の説明或いは商品に添えられた取り扱い説明書などが、その商品の使い方や特徴を伝達する主要な方法となっており、きちんと情報の伝達が必ずしもなされているとは言えないように感じます。


一方ネットワークビジネスの場合、消費者がその商品を販売(伝達することになります。


ネットワークビジネスでは、自分がその商品を使うためだけでなく~他の人に伝えるために、消費者自身が積極的にその商品の特性を学ぶ必要性が出てきます。


ネットワークビジネスでは消費者が仕事意識を持つことで、より積極的に商品について学ぶ姿勢が芽生えてくるのです。


その結果として、ネットワークビジネス企業が意図する商品の特性を消費者に理解させることが出来るのです。
消費者が販売者になれるんですね!
  








a114814-0-crop.png



誰でもが、もっともっと胸を張って堂々と楽しく取り組めるネットワークビジネスにしたいですね。

ネットワークビジネスの製品は評判も良く愛用者も多く、サラリーマンや主婦の副業には最適なにの、なぜ敬遠してしまうんでしょう?



先ずは自分の目で確認をしてみてください。
 ↓  ↓  ↓ 【必見】これを見てからビジネスを始めることを勧めます!【必見】初期費用ゼロ、毎月のリピート購入の必要性なしとは?

この記事へのコメント