ネットワークビジネスが盛んな「沖縄」にフォーカスしての成功方法の仕組みとは?



141124_af9920085619w-304x214-crop.jpg











price_01.jpg




 
何故、MLMが沖縄で盛んなんでしょうか?




ネットワークビジネスで成功したければ、「沖縄を攻めよ!」「沖縄の人を勧誘しよう!」の言葉があるとか。


多くのネットワークビジネスのリーダーが、沖縄に上陸して市場の取り合いをしているようです。


月刊ネットワークビジネスweb上でもこんなに沖縄の情報が~


● 2006年 グリオが沖縄県豊見城市の瀬長球場で全国のメンバー1030人を集めての、チャリティーイベントとなる野球大会の開催


● 2006年 ニューウエイズが国内5番目のショールーム「ニューウエイズ スクエア琉球」を沖縄県浦添市にオープン


● 2007年 ウェルウェイレクシオン事業部が1月、同社初のサロン「レクシオステーション」を沖縄に開設


● 2007年 エナジックが沖縄産の秋ウコンをティーバックに詰めた「還元ウコン茶」を発売


● 2007年 チャリティーマインドは沖縄の宮古島の農園で育成したアロエベラを使用した「アロエベラジュース」を商材にしたネットワークビジネスを展開


● 2008年1月 スターライズが沖縄県浦添市内に2拠点目となる直営サロン「沖縄ギャラリー」をオープン


● 2012年3月 マナテックジャパンがキックオフミーティングを沖縄を含む10会場で開催。
 


b52826ea.jpg



何故?沖縄ではネットワークビジネスが盛んなんでしょうか?




沖縄では「モアイ」と言う信頼関係のある友達同士が共同出資して、メンバーの誰かが用立てて欲しい時に順番に用立てる仕組みや、「ゆいまーる」と言って助け合いの精神が浸透してる土地柄で、ネットワークビジネスが浸透しやすい土壌があるようです。


また、沖縄県民の県民性が情に厚く横の繋がりが強いことからネットワークビジネスが広がりやすいそうです。
沖縄って風土も人柄も
最高ですね。







a114814-0-crop.png



誰でもが、もっともっと胸を張って堂々と楽しく取り組めるネットワークビジネスにしたいですね。

ネットワークビジネスの製品は評判も良く愛用者も多く、サラリーマンや主婦の副業には最適なにの、なぜ敬遠してしまうんでしょう?



先ずは自分の目で確認をしてみてください。
 ↓  ↓  ↓ 【必見】これを見てからビジネスを始めることを勧めます!【必見】初期費用ゼロ、毎月のリピート購入の必要性なしとは?


この記事へのコメント