MLMのクロージングや契約後の「トーク」に細心の注意を払っての成功方法と評判とは?




インターネット集客の時代です。
20160722084125-crop.png




お気軽にクリックして「無料メールレッスン」受けてみてください。
【必見】今までの勧誘方法をリセット!口下手でも初心者でもできるリセット法とは?







images.png2.png




月刊ネットワークビジネス誌にも紹介されていますが、契約して欲しいあまりに執拗に勧誘することは勿論のこと、クーリング・オフを妨害するようなトークも違法行為になるようです。


相手にビジネスの勧誘の話をした時に、「それってマルチでしょ?」と言われることも多いですが、結論から言うと一般にネットワークビジネスはマルチ商法と同義と考えている人が多いために、「マルチじゃない!」と反論することは不実告知にあたり特商法違反になってしまうそうです。


「あなたが言う「マルチ商法」って「悪質商法」という意味なの?・・」


「それとも、特商法で規制されている「連鎖販売取引」という意味?・・」


従ってこう言うケースの場合は、相手の「マルチ商法」という言葉に対する意味の捉え方を確認する必要があり、相手が「悪質・違法な商法」と認識している場合は、「特商法で規制されている合法のビジネス」であることを説明して、正しく理解してもらう努力をする必要がありそうです。



images.jpg1.jpg




■ 例えば健康食品を愛用している相手が、製品を使用して身体に異変が生じてしまった場合に、
「好転反応だから、もう少し使って様子をみて!」
・・・と自分勝手な判断で告げてしまうと医師の治療が遅くなってしまう事があります。


特商法の禁止行為として規定されている内容の一つに、「相手方を威迫・困惑させての勧誘または、契約解除を妨げる行為」があるそうです。


威迫・困惑させての勧誘とは、

「今直ぐにサインして・・・」

「借金してでも登録して・・・」

・・・等のようにビジネスに参加させるために、相手に不安を生じさせて困らせてしまう勧誘のことを指すようで、加えて、「今直ぐにサインして!・・」
などと契約するまでに執拗に迫って勧誘することは特商法の「迷惑勧誘」に抵触するそうです。



■ 不実告知の抵触する勧誘トークとは?

「・・・が治る」と効果・効能をうたうケースが多く、例えば家庭用医療機器を販売する会員が行ったトークに、
「高血圧、糖尿病が改善する・・・」

「医療器だから病院に行かなくても治療できる・・・」

などがあり、不実告知は連鎖販売取引業界では比較的多い違反行為となっているようです。
相手の気持ちを考えた合法的なトークを心がけたいですね。









今のままで「今」を変えてみませんか。
yahuoku_mindo1_04-crop.jpg





誰でもが、もっともっと胸を張って堂々と楽しく取り組めるネットワークビジネスにしたいですね。

ネットワークビジネスの製品は評判も良く愛用者も多く、サラリーマンや主婦の副業には最適なにの、なぜ敬遠してしまうんでしょう?

ZL7Cup3beyiYz9L1414352796.jpg


誤解や偏見もなく、堂々と胸を張ってネットワークビジネス(MLM)をみんなで楽しむ方法はないのでしょうか?

th.jpg㉑.jpg


あるんです。

全然興味・関心のない知人友人への無理&強引な勧誘から、
インターネットによっての興味・関心のある人だけに来ていただけばいいんです。

インターネットは一日24時間~365日文句ひとつ言わないで
私たちの代わりに集客してくれるんです。

「朝起きたらダウンさんができていたら・・」

「会社に行って仕事をしてる間にダウンさんが勝手にできていたら・・」

先ずは自分の目で確認をしてみてください。
 ↓  ↓  ↓ 【必見】これを見てからビジネスを始めることを勧めます!【必見】集客のプロだけが知っている。納得の簡単集客法とは?

O4p4iXAGTIYknIY1466149028.png">










この記事へのコメント