在宅でインターネット活用で集客からフォローまでできてのネットワークビジネス成功方法とは?



depositphotos_114922032-stock-photo-dreams-come-true-hand-pressing-crop.jpg




お気軽にクリックしてline友達登録して語り合いましょう。
【必見】必要なのは時間じゃなく決意!毎日のイライラの「今」を変える決意法とは?







dac60a24125a92291377c52e6294da1c.png





私も某ネットワークビジネスの経験者ですが、ネットワークビジネスに関心&興味のない知人友人に強引&無理に口コミで勧誘をして、結果的に知人友人が遠のいてしまった経験をもっています。


ネットワークビジネスの収入(ボーナス)は成果にしか出ない仕組みなので、成果が欲しくてどうしても無理&強引になってしまいがちでトラブルになってしまいます。



そういったトラブルが原因で、ネットワークビジネスに対する誤解や偏見を産んでしまうようです。



情報通信白書によると・・・




■ インターネット活用の効果と影響


-9割以上が、「生活が便利になった」と感じ、「情報収集の高度化」等の効果を感じている。



(1)インターネット活用の効果


 インターネットの活用は、利用者に対して、様々な便益を与えるものと考えられる。高度情報通信ネットワーク社会形成基本法第5条では、高度情報通信ネットワーク社会実現の目的として、「生活の利便性の向上」、「生活様式の多様化の促進」、「消費者の主体的かつ合理的選択の機会の拡大」が列記されている。


そこで、この3点について、インターネット利用者がどのように評価しているかについて、調査したところ、「生活が便利になった」と考える人はインターネット利用者の9割を超え、ほとんどのインターネット利用者が生活の利便性の向上について効果があったと評価している。


また、「自分にあったライフスタイルの選択が可能となった」と考える人も、7割を超え、ライフスタイルの多様化についても高い評価となっている。

他方、「より上手な消費が可能となった」と考える人は5割強と相対的に低い評価にとどまっている。

この点は、前述のインターネットショッピング利用率が5割強と2人に1人の割合にとどまっていることが影響していると考えられる。



illust3499.png



(2)インターネットの活用が従来の生活活動に与える具体的効果
 

インターネットは、日常生活の中で、様々な手段として活用されており、国民生活に大きな効果を及ぼしている。

 パソコンでのインターネット活用においては、「専門的・希少な情報の収集が可能となった」(94.1%)、「雑誌や書籍等に比べ、情報が迅速に収集できるようになった」(93.8%)、「商品を購入する際の情報収集手段が豊富になった」(90.0%)、「新聞やTVに比べ、リアルタイムに情報が入手ができるようになった」(90.0%)といった「情報収集の高度化」に効果を感じている利用者が多い。


 また、「自宅に居ながら用事を済ますことができるようになった」(77.3%)、「好きな時間に用事を済ませることができるようになった」(74.2%)といった「時間・空間制約からの開放」についてもおおむね4人に3人が効果を感じている。


 しかしながら、「自分の意見を外部に発信できるようになった」(63.1%)、「知人を作る機会が多くなった」(42.8%)といった「社会活動の活性化」については、効果を感じている利用者は比較的少なく、必ずしも一般的な効果とはなっていない。ただし、「社会活動の活性化」のうち、電子メール等の利用により「手紙に比べ、意思伝達が簡便・迅速にできるようになった」(84.2%)点については、多くの利用者が効果を感じている。

 なお、携帯電話でのインターネット活用においては、携帯電話の特徴である「時間・空間制約からの解放」を感じている利用者が最も多い結果となった。



sozai.png



(3)インターネット活用がライフスタイルに与える影響


 インターネットの活用によって、利用者のライフスタイルに変化が生じつつある。インターネット活用に伴う時間配分の変化について回答を求めたところ、インターネットの活用により、「新しい友人を作ること」、「友人・家族との会話の頻度・時間」、「地域コミュニティーに参加すること」等は増加したとの回答が多く、インターネットの活用が社会活動の活性化を促していることがうかがえる。


他方、インターネットを活用することにより、「TVを見ること」「雑誌を見ること」等のメディア行動は減少する傾向がみられる。また、「趣味等に対する支出」、「外食・イベント等で外出すること」、「旅行をすること」等、インターネットの活用による消費支出の拡大も認められる。





もしも、こんなネットワークビジネスだったら・・



▲ 知人友人の勧誘をしなくてもダウンが出来るなら・・


▲ 寝ている間にアクセスがあり、朝起きたらダウンができているとしたら・・


▲ 97%の人が知らない成功ノウハウがあって誰でもが容易に成功できるなら・・


▲ 仕事をしながらでも、一日1~2時間の隙間時間にできるなら・・


▲ 完全在宅で、誰にもナイショで自由に出来るなら・・


▲ セミナーへの参加&動員をしなくても出来るのなら・・


▲ 必要最小限の製品の愛用だけで出来るなら・・


▲ ダウンフォローに長電話をしたり、遠方に出かけなくても出来るなら・・


▲ 一握りの成功でなく、多くの仲間と一緒に成功の喜びを分かち合えるなら・・


▲ 毎月の支払にため息している生活が変わることができるなら・・


▲ 年金の不足などを気にしないで、悠々とお金を使える生活だったら・・


▲ 子供が熱をだしたら、ゆっくりと一緒にいて看病が出来るのなら・・


▲ 病気やケガで入院している間でも、決まった報酬が振り込まれていたら・・
調べてみては?!







180425_TAC_eye-crop.jpg




誰でもが、もっともっと胸を張って堂々と楽しく取り組めるネットワークビジネスにしたいですね。

ネットワークビジネスの製品は評判も良く愛用者も多く、サラリーマンや主婦の副業には最適なにの、なぜ敬遠してしまうんでしょう?



先ずは自分の目で確認をしてみてください。
 ↓  ↓  ↓ 【必見】これを見てからビジネスを始めることを勧めます!【必見】初期費用ゼロ、毎月のリピート購入の必要性なしとは?

この記事へのコメント