近年増加している「相談内容」の傾向と対策をしっかり把握してのネットワークビジネス成功方法とは?


depositphotos_114922032-stock-photo-dreams-come-true-hand-pressing-crop.jpg




お気軽にクリックしてline友達登録して語り合いましょう。
【必見】必要なのは時間じゃなく決意!毎日のイライラの「今」を変える決意法とは?







1011165.jpg




国民生活センターのPIO-NETに寄せられるネットワークビジネスに関する相談件数は減少しているそうです。


今後、ネットワークビジネス業界がさらに健全化に向かうために、相談内容をもとにディストリビューターが気をつけたいポイントを考えてみましょう。



■ 「内職・副業」と「ファンド型投資商品」の実態


● ネットワークビジネスの形式を模倣した悪質商法の可能性大


「内職・副業」は、アフィリエイトやドロップシッピングといったネット副業に関するものが多いようで、
これはインターネットを使ったビジネス形式の一種で、参加して収入を得ること自体は違法ではないようです。


何が問題になるかというと、健全な主宰企業ではない悪質な事業者が、ネットワークビジネスとネット副業の仕組みを悪用して、「アフィリエイトに契約して友達を紹介すれば収入になる・・」などと言って勧誘することで、マルチ商法に分類されるものの、実際は金銭を騙し取る悪質商法である可能性が濃厚のようです。



● アフィリエイトとは、異なるシステムを採用しているのか?

ネット副業と異なる金銭配当システムを運用している可能性が高く、「事業者は、新規会員から発生する紹介料報酬を順次、上位会員に上位会員に配当する仕組みで、一般的なアフィリエイトとは異なる仕組みを用いた悪質性があるようです。




5983.jpg


● 「必ず儲かる・・」という怪しい話は無視しよう。


ファンド型投資商品も同じで、主な手口として、消費者に仮想通貨や海外不動産などへの投資を促して、「今、投資すれば数年後には莫大な利益になる・・」などど謳い、新規会員を紹介すればマージンも得られるとしているようです。

このような事業者は、確実に儲かることを前面に押しだして勧誘するようです。


ネットワークビジネスの形式を真似た悪質商法が増えていることは許すことが出来ず、ディストリビューターとしては、「必ず儲かる・・」との話には絶対に近づかないようにすることです。




■ 「国民生活センター」へのマルチ取り引きの相談内容




マルチ取引とは、商品・サービスを契約して、次は自分が買い手を探し、買い手が増えるごとにマージンが入るネズミ講式の取引形態です。

扱われる商品・サービスは、健康器具、化粧品、学習教材、出資など様々です。相談内容は、解約・返金に関するものが多くなっています。



最近の事例


● 知人から儲かるので仮想通貨を使って運用しているマルチの事業者に出資しないかと誘われている。信用できるだろうか。


● 1年間続けているネットワークビジネスが勧誘時の説明ほど儲からない。説明に虚偽や不足があるので返金を求めたい。


● 妹が同僚に呼び出されネットワークビジネスの会員になって健康に良いジュースの定期購入契約をした。解約するにはどうしたらよいか。


● 大学生の息子が友人に誘われて投資用USBを購入してマルチ商法をしていることがわかった。解約をさせたい。


● 知人にいいダイエット食品とコーヒーがあると紹介され会員登録したがマルチ商法のようだ。クーリング・オフして返金してほしい。


● 収入に繋がると思いリゾート会員権のマルチ組織に加入したが会員を増やすことも自分が利用することもない。返金してほしい。


● 友人に「ゲームをするだけで儲かる」と誘われて海外業者とオンラインゲームのマルチ取引の契約をした。契約翌日に解約手続きをしたが適正に処理されるか心配だ。


● 学生時代の友人に海外カジノを人に紹介をすると報酬が得られると誘われて海外マルチ業者の会員となった。人を騙すような勧誘をしたくないので解約して返金を求めたい。


● SNSでオンラインカジノのアフィリエイトの説明会を勧められ参加した。当日、無料登録はしたが、その後高額契約を勧められ不審だ。


● SNSで知りあった人から紹介されてオンラインカジノのサポート契約を交わし約20万円払った。人を紹介するとマージンがもらえるときいたが、活動できないので退会し



bh53_26.jpg



こんな相談もあるようです。

日本の法律は関係ないと主張する海外マルチ事業者とのトラブル-契約先は海外!?

スマートフォンやインターネットの普及で海外事業者とマルチ取引で契約することが簡単になりました。

消費者はSNS等を通じた日本人からの勧誘や、インターネット上の投稿・動画をきっかけに海外事業者と契約することも多くなっています。

全国の消費生活センターには、勧誘者が日本人であることに安心して、契約内容やリスクを十分に認識しないままにサービス等をインターネットで申し込み、海外事業者と思わぬ解約トラブルとなったという苦情が寄せられています。

海外事業者との契約であっても、日本で契約した消費者は、特定商取引法上のクーリング・オフ等を主張できる場合があります。しかし、海外事業者の中には日本の法律は関係ないと主張し、解約等に応じないケースも目立ちます。






depositphotos_141944406-stock-illustration-no-risk-rubber-stamp-crop.jpg



誰でもが、もっともっと胸を張って堂々と楽しく取り組めるネットワークビジネスにしたいですね。

ネットワークビジネスの製品は評判も良く愛用者も多く、サラリーマンや主婦の副業には最適なにの、なぜ敬遠してしまうんでしょう?



先ずは自分の目で確認をしてみてください。
 ↓  ↓  ↓ 【必見】これを見てからビジネスを始めることを勧めます!【必見】初期費用ゼロ、毎月のリピート購入の必要性なしとは?

この記事へのコメント